下書き

効率化ページ
・左手デバイス
・ペンタブ
・ショートカット
・レンダー管理 チームビューア
・モチベーション管理 お絵かきボットと作業ボットなど


音同期本当はなしか、かかないかで迷った
自分がおもうにbgmとは

声と効果音はその場を作り上げるためにいる
bgmは存在しない
あくまで物語や映像を盛り上げるためにあとから付け足されたもの

bgmをいれると物語、作り物感がます
リアリティーがなくなる
しかし音同期はリアリティーを壊す
音楽にあわせると映像的な快楽におちるが
気持ちいいだけではだめなんです
もっと苦しさや気まずい瞬間も描きたい
そんなもの自分から見たくないって思うかもしれないです
でも僕がみてきて感動した映画はどれもそうなんです
イチャンドン

それと個人的には音同期すれば
意地になってる部分もあります やまコーさんの逆をいきたい 音と同期しなくてもこんな面白い映像作れるんだって証明したい

感情の同期であってほしい、キャラクターの感情をより理解しやすく、より深く表すための音楽であってほしい

いつかはbgmもなしで感動できる映像を作りたい
それこそが映画だとおもう 演技と演出と脚本 この三つのみで成り立たせる 
純粋な映像

ある枠制限を作ることで自由でなくなるのではなく、もっと深い表現ができるとおもう

常に同期するより、抑えて置いてあるここぞという重要な一点で同期することでより強調される三点とかきました
とくにカットの切り替えはまだしも(テンポよくなる、逆にリアリティはいらない、さくしゃが介入することの気持ち良さ、安心感がある

画面内の物体がbgmと音同期するのは非常にリアリティを損なう不自然
最初にpvなどは別だとおもう

物語はキャラクターのものであってほしい キャラクター以外はあまり入って欲しくない 人物紹介的なテロップや文字

pv的なものは作らないということ
あくまで映像主導で、音楽はキャラクターの感情をより理解しやすく、より深く表すための音楽であってほしい

bgmや 人物紹介的なテロップや文字
演技と演出と脚本 この三つのみで成り立たせる 
純粋な映像



「映画には二つのタイプがある。一つは現実を洞察し、観客に人生を振り返らせるもの。もう一つは、現実を忘却させるもの。最近、後者のほうが増えているのは、観客のみなさんがそちらのほうを望んでいるからでしょう。でも、それでも私は、前者のほうを求めたい。映画を見ることを通して、人生とは何かという問いかけが生まれることが必要だと思っているから」

サブページ (1): secret
Comments